麻雀用語 ルールわ行

渡り、渡りを打つ、渡り打ち
狭義には、テンパイを維持しながらより優秀な待ち・より優秀な手役に移行すること。
広義には、シャンテン数を維持しつつ、より優秀な状態に移行すること。あるいは移行の可能性を残しつつ打つこと。

王牌取り切り
おもに三人麻雀で、王牌を残さずドラ表示牌の隣までツモるルール。取り切り。王牌取り切りの場合、海底牌は通常ルールにおける槓ウラ表示牌になる。

王牌(わんぱい)
流局時、最後に必ず残る14枚の牌の事。山(やま)いうことが多い。

ワン欠け(ワンかけ)
面子が1人たりないこと。あるいはそれまで卓に入っていた1人が席を立って、1人たりなくなること。

ワンチャンス
3枚カベのカベ下のこと。比較的安全だが、相手が4枚目を持っている場合は当たり牌になるし、シャンポン待ちや単騎待ちには通用しない。類語に「ノーチャンス」など。

麻雀用語 ルール ら行

ラス前
オーラスの1局前の事。半チャンならば南場三局の事。

ラス
4着のこと

ラスあがり
最後に和了った者のこと。

ラスイチ 最後の一枚のこと。

ラス落ち(ラスおち)
4着に落ちること。

ラスハンコール
雀荘用語。これで最後の半荘にしますという申告。客が店に対して申告する。フリー雀荘では客にラスハンコールをお願いしている場合がある。「ラスハンコールをお願いします」などと張り紙してある店では、ラスハンコールなしでいきなり卓を抜ける行為は歓迎されない。


リーチ棒
リーチをする時に出す千点棒の事。リーボウということが多い。

立直麻雀(リーチマージャン)
立直という役が登場した時代に、それまでのルールと区別して立直ありのルールを立直麻雀と呼んだ。現在一般的な麻雀のこと。

両嵌両面(りゃんかんりゃんめん)
両嵌と両面が複合している未完成メンツのこと。245667のような形。うっかり2を切り出してしまいがちだが、3を引くと裏目。両面両嵌とも。

両天秤(りょうてんびん)
一向聴以前の状態で、2つの役のどちらかを狙うこと。特に同時には成立しない2つの役のどちらかを狙うこと。

理牌(りーぱい)
配牌(はいぱい)を見やすく整理する事。

流局(りゅうきょく)
誰もアガれず局が終わる事。


連荘(れんちゃん)
親が続く事。親がアガリ、続けて同じ人が親のまま次の局に進むこと。そういうルールである。オーラスの親はアガリヤメすることができるルールが一般的である。

列(レツ)
狭義にはコンビ打ちのコンビのこと。広義には利益(財布)を共にする仲間同士のこと。

連対率(れんたいりつ)
トップもしくは2着をとる確率。

六間積み(ろっけんづみ)
積込み技の一種。イカサマ。

ローズ
通し技の別称。イカサマの一種。

ロン
他家の捨てた牌で和る時に発声する言葉。

麻雀用語から派生した言葉

連荘(レンチャン)
親が和了して再度親を続けること。転じて、同じことが続けて起きること。
パチンコにおいて大当たりが連続する(確率変動)が続くことや、シフト制の勤務形態で
連続して出勤することを指すことが多い。

立直が掛かる(リーチがかかる)
門前で聴牌し、今後一切手を変えない旨を宣言(その代わり、和了したら1翻を得られる)
する際に発声する用語。
転じて、一大事が差し迫っていること。また、パチンコやパチスロで大当たりの一歩手前の状態になること。
リーチ (パチンコ)を参照。その他ボードゲームやビンゴゲームなど、ゲーム一般でもゴール
(上がり)直前の状態を指す言葉として用いられる。リーチ (ゲーム)を参照。

ラス前
上記「オーラス」に関連し、「オールラストの1局前」の略語で最後の1局の1つ前の南3局を指す
(英語では the last but one)。南4局にはゲーム終了に際して様々な縛りがあるため、
縛りのない南3局は大切な局となる。転じて物事の終了前の大切な時期、
または男女の別れや夫婦の離婚の前などのもつれた時期などを指す。

両面(リャンメン)
2つ連続した数牌2牌の組み合わせで、その両側のいずれかの数牌がくれば順子(シュンツ)になる塔子(ターツ)を指す。
アメフトにおいて攻守ともに出場している状態を指す言葉として使われている。

麻雀用語 ルール や行

役満(やくまん)
特別に定められたアガリ役の事。子・32000点、親・48000点。

役無し、役無しの手(やくなし、やくなしのて)
文字通り、聴牌形になっているが、役が無い手。これで和了ればチョンボとなる。

山切り(やまぎり)
開局時、自分の前にある牌山の左右7幢を数ミリ前後にずらすこと。
ブッコ抜きや三牌ツモなどのイカサマ技を警戒しなければならなかった時代の名残り。

焼き鳥
終了時に一度も和了れなかったプレイヤーがペナルティを支払う。

山読み(やまよみ)
おもに自分の手牌や相手の捨て牌相から、山にどんな牌が残っているか読むこと。

有効牌(ゆうこうはい)
広義には待ちや受け入れが広がる牌のこと。
狭義にはシャンテン数が1つ下がる(=テンパイに近くなる)牌のこと。

要牌(ようはい)
必要な牌のこと、あるいは重要な牌のこと。狭義には何らかの手役のために必要な牌のこと。

4確(よんかく)
オーラスで4着確定の和了をすること。4チャ確。ラス確・アガラスに同じ。

ヨンマ
4人で行う(通常の)麻雀。サンマ(三人麻雀)との区別を強調するときに用いる。

4枚使い
手の内に同じ牌が4枚とも集まっている状態。特にその4枚を暗槓せず暗刻や面子・雀頭として使っている状態のこと。

麻雀用語 ルール ま行

前出し(まえだし)
雀荘用語。開局前に4人が一定額の現金を供託し、それをトップ者が総取りする。オカ・ウマとは別だが、実質的にはオカの額を増やすことに等しい。

満貫(まんがん)
4飜40符以上5飜以下のアガリ点の呼び方。子・8000点、親・12000点。

待ち頃(まちごろ)
山に眠っていそうな牌、あるいは他家からこぼれてきそうな牌のこと。

丸取り(まるどり)
三人麻雀における得点計算の方式のひとつ。四人打ちでの点数計算をベースに、ロン和了とツモ和了の得点をできるだけ近似させる方式。具体的には、子のツモ和了の時に親の払いと子の払いを2:1になるように調整する。

回り親(まわりおや)
雀荘用語。各半荘の親決めを行わず、前回の半荘で出親だった者の下家を次の半荘の出親とする取り決め。

見送る
他家の捨てたアガリ牌をアガらず見送る事。1枚目の牌をチー・ポン・カンせず見送る事。用例(役牌を1鳴きせず見送り、2鳴きする。)

見せ牌
手牌の端を引っかけて倒すなどして見えてしまった牌、見せてしまった牌のこと。また、山をこぼして表向きにしてしまった牌のこと。見せ牌をしてしまった場合、その牌では出あがりできないというペナルティが課されることがある。

明刻(みんこー)
鳴いて(ポン)して同じ牌が3枚になる組み合わせの事。

見逃し
あがり牌が出ているにもかかわらずロンしないこと。

無駄ヅモ
有効牌ではないツモのこと。

無理鳴き
無理な形から副露すること。あるいは、無理な形で副露すること。

無理ポン
無理な状態からポンすること。無茶ポン。

門前派(メンゼンは)
メンゼンでの和了を重視する打ち手のこと。

門前(めんぜん)
鳴いていない状態の事。用例(面前志向、面前派、面前ツモ)

迷彩(めいさい)
待ちを分かりにくくするため、あるいは少しでも出和了しやすくするために、意識して河に工夫をすること。捨牌迷彩。河作り。
もちろんツモ牌や展開によっては有利な河が自然にできあがることもある。そのような場合は自然迷彩という。

メンバー
雀荘の従業員のこと。

もちもち
2人が同じ牌を2枚ずつ持っていてお互いに、アガれない・鳴けない状態の事。役牌に2枚づつの時によく使われる。

摸牌(もうパイ)
盲牌のこと。ただし、盲牌の意味で摸牌と表記することはまれ。
摸打におけるツモのこと。また、ツモ牌そのもののこと。

元ドラ(もとドラ)
槓ドラがめくれている時の、もともとの表ドラのこと。

モロ乗り(もろのり)
裏ドラや槓ドラが暗刻や槓子に乗ること。

麻雀用語から派生した言葉

面子(メンツ)
和了に必要な牌の組み合わせ。また、麻雀を行うのに必要なメンバー。
転じて、ある集まりの参加者をもいう。

麻雀用語 ルール は行

入り目(はいりめ、いりめ)
テンパイした時に引いた牌もしくはその牌のスジのこと。

配牌(はいぱい)
局の開始時、山から取る牌の事。

飜(はん)
倍にするという意味で、アガリ役の単位の事。

半莊(はんちゃん)
東場(とんば)を四局、南場(なんば)四局をする事。麻雀1ゲームの単位。
半荘
麻雀は、通常半荘(ハンチャン)を単位として競技される。半荘は大きく前半と後半に区分され前半を東場(トンバ)、後半を南場(ナンバ)という。東場・南場はそれぞれ4つの局からなる。東1局から開始され、東4局が終了した後は南入といって南1局に入り南4局の終了をもって1試合とする。簡単に例えるなら、麻雀は1試合8ラウンドで争われるということになる。ただし連荘(詳細は後述)が生じた場合は局が追加されるため、必ずしも8局(ラウンド)で終わるとは限らない。またプレイヤーの誰かの持ち点がマイナスとなった時にはトビないしハコテンとして半荘が終了するルールもあり、1局で半荘が終わることもありうる。

爆弾、爆弾積み
積込み技の一種。イカサマ。

箱(ハコ割れ、ハコテン、ドボン、トビ、ぶっとび)

ハジキ(弾き)
イカサマの一種。他家の聴牌時に自分の捨てようとしている牌がその他家の当たり牌と読んだ場合、河に六枚切りに捨ててある一段目の6枚目もしくはその近くの牌を弾いてその牌を捨てたかのようにして見せるイカサマ。なお、その6枚目もしくはその近くの牌が安全牌でなければならない。


平場(ひらば)
積み棒のない局の事。

引きヅモ
ツモ和了の際、ツモってきた牌を卓の淵にくっつけること。くっつけること自体が引きヅモに当たり、その際の強弱は問わない。

ヒラ・ヒラ打ち
おもにフィクションなどで、何らかのイカサマ技を習得している打ち手が)イカサマを使わないで打つこと。

符(ふ)
和りの点数計算の基礎単位の事。点数計算を覚えるときに必要となる。

風牌(ふうぱい)
東・南・西・北をまとめてこう呼ぶ。

深い、山に深い
ツモ山の後半から終盤のこと。あるいは現時点から見て時間的に遠いツモ山の場所のこと。

副露(ふーろ)
他家の捨て牌をチー・ポン・カンする事。鳴く、食うともいう。

伏せ牌(ふせはい)
手牌を伏せること。また、手牌を伏せた状態で打つこと。オンライン麻雀では観戦者に対して手牌を伏せること。

振り込む
af自分の捨てた牌を他家にロンアガリされる事。放銃(ほうじゅう)ともいう。
振聴(ふりてん)とは

アガリとなる待ち牌のいずれかを自分で捨てている状態での聴牌(てんぱい)。

ぶつ(打つ)
麻雀をすること。やや古風な言い回し。

北家(ぺーちゃ)
東家(とんちゃ)の上家(かみちゃ)の事。

ヘタ殺し(へたごろし)
素人や初心者にはめっぽう強いこと。

ベタ師(べたし)
エレベーターを使うイカサマ師のこと。

辺張(ぺんちゃん)
「1・2」、「8・9」で3や7を待つ形の事。

ベタ積み(べたづみ)
積み込み技の一種。自分のツモ筋があるほうの列(東家/西家なら上山、南家/北家なら下山)に好牌を積み、もう一方の列にはクズ牌を積む積み込み方のこと。

放銃(ほうじゅう)
自分の捨てた牌を他家にロンアガリされる事。振り込むともいう。

本場(ほんば)
親が連荘(れんちゃん)した場合と、誰もあがらずに局が進むんだ場合のこと。1 、2、3、4…本場という。例:連続で三回親があがった場合、次の局は3本場である。皆に分かるように百点棒を一本置くことがある。

本走(ほんそう)
雀荘用語。メンバーが卓に入って(自腹で)打つこと。対義語は「代走」(だいそう)。

暴牌(ぼうはい)
明らかな危険牌を切ること。あるいはその牌のこと。

麻雀用語から派生した言葉

白板(パイパン)
三元牌の1つ。通称白(「ハク」または「しろ」)。

字も絵も一切彫られていない真っ白の状態であることから女性の無毛症、または女性の陰毛を剃り落とした状態を指す。

麻雀用語 ルール な行

流れ(ながれ)
流局する事。

鳴く(なく)
他家の捨て牌をチー・ポン・カンする事。副露(ふーろ)、食うともいう。鳴き詳細

鳴き麻雀
副露を多用する打ち方のこと。

ナシアリ
後付け、喰いタンのどちらか一方のみを認めるルール。また、雀荘用語でコーヒーや紅茶に砂糖またはミルクのどちらかを入れること。前後者共にどちらが「アリ」でどちらが「ナシ」かは意見の分かれるところである。

ナシナシ
後付け、喰いタンともに認めないルール。なお、後付けの制限を役牌に限定するルールもある(この場合、役牌以外の役は後付けしても構わない。役牌の後付けのみを禁止する場合は「完全先付け」とは呼ばない)。
麻雀の解説書や劇画等は関東のルールを基本として書かれることが多いため、近年では関西でもアリアリが普及している。

南家(なんちゃ)
東家(とんちゃ)の下家(しもちゃ)の事。

二の二の天和(にのにのてんほう)
積み込み技のひとつ。つまりイカサマ。コンビ打ちの東家と南家が協力して天和を作る。親がサイコロで2の目(ピンゾロ)を出し、2度振りの南家も2の目を出さなければいけないことからこの名がある。

抜き技(ぬきわざ)
イカサマの一種。山から不正に牌をもってくること。

抜く
抜き技を使うこと

ネット麻雀
インターネット上で対局を行う麻雀のこと。オンライン麻雀に同じ。対義語は「リアル麻雀」「リアルの麻雀」

ネット雀士
ネット麻雀をする人のこと。また、ネット麻雀しかしない人のこと。

ノーテン
聴牌(てんぱい)していない事。

ノーテン罰符(のーてんばっぷ)
流局時、ノーテンの人が聴牌(てんぱい)してる人に払う罰金の事。

ミ手(のみて)
一役しかついていない安い手のこと。

ノンラス打法
ラスを引かないようにする打ち方のこと。ノンラス打法を実践してできるかぎり4着にならないように打つと、平均順位や収支がある程度向上する。

麻雀用語 ルール た行

塔子(たーつ)
両面・かん張・辺張待ちの形となる2枚の牌の事。例)「2万・3万」、「4筒・6筒」、「8索・9索」

ダブ東(だぶとん)
東場の東家が「東」牌を3枚以上持ってアガると2役つく事。

ダブ南(だぶなん)
南場の南家が「南」牌を3枚以上持ってアガると2役つく事。

黙聴(だまてん)
リーチをせず(他家に聴牌を知らせず)、聴牌してアガれる状態の事。

多牌(たーはい
手牌が14枚以上の状態。チョンボになります。

打牌(だはい)
牌を捨てる事。

ダブロン
一人が捨てた牌を二人がロンアガリする事。 二家和(にちゃほう)ともいう。

チョンボ
ある決まりを守らなかった時に受ける罰の事。

起家(ちーちゃ)
一番最初の親の事。出親ともいう。

中張牌(ちゅうちゃんぱい)
数牌(すうぱい)の2~8の事。

積み棒(つみぼう)
連荘(れんちゃん)・流局(りゅうきょく)時に親が出す百点棒の事。

ツモる
山から牌を引いてくる事

ツモ切り(つもぎり)
引いてきた牌をそのまま捨てる事。


聴牌(てんぱい)
あと1枚くればあがりとなる状態。

対面(といめん)
正面の席の人。

ドラ
アガったときに1ハンプラスする。ボーナスのようなもの。ルール上、ゲーム開始にドラを決める。

東家(とんちゃ)
親の事。

東風戦(トンぷうせん)
東場のみを1ゲームとするプレイ方式。

東東戦(トントンせん)
半荘を1ゲームとするが、東場を2回繰り返すプレイ方式。

東西戦(トンシャーせん)
半荘を1ゲームとするが、東場の次は南場ではなく西場に入るプレイ方式。

東南戦(トンナンせん)
半荘を1ゲームとする一般的なプレイ方式。

東北戦(トンペーせん)
半荘を1ゲームとするが、東場の次は南場ではなく北場に入るプレイ方式。

麻雀用語から派生した言葉

テンパる
聴牌(てんぱい)するの意。危険牌を捨てるか聴牌を崩すかの選択を迫られる事が多く、
転じて手詰まりの状態、物事を抱え過ぎた状態などからパニックに陥ることを指す。
また和了に向けて緊張する様子から、同様の心理状態をも指す。英語の temper 由来の説もある。

対面(トイメン)
マージャン卓を隔てた向かい側の席。また、その席の人。
転じて、真向かいの位置。また、その位置の人。

錯和(チョンボ)
冲和とも書く。和了が成立していないのに和了を宣言すること。転じて大失敗や大失態、反則の意。

自摸(ツモ)
自力で和了り牌を引いてくること。門前で向聴数がスムーズに進んだり、
自分の欲しい牌が良く来る流れを「ツモが良い」と言う。
ローグライクゲームなどランダム性の強いゲームで、序盤で強力な装備やアイテムを手に入れたときに使うこともある。

麻雀用語 ルール さ行

先ヅモ(さきづも)
上家の打牌を全員が確認する前に自摸牌に触れる行為。打牌が完了する前に手を伸ばすことも、
他家の視界を遮るので避けるべきである。
競技麻雀などルールに厳しい場では不正行為としてペナルティが課せられる事もある行為である。

先切り
比較的早い段階で塔子や対子に固定すること。たとえば778から早い段階で7や8を切ること。
相手の当たり牌になる前に危険牌や不要牌を処理すること。
上家が牌を捨てていない段階で先ヅモし、その上打牌までしてしまうこと。
これは重篤なマナー違反。厳重注意の対象。

サマ
イカサマの略。

さらす
チー・ポン・カンをして手牌を他家に見せる・見られる事。

三元牌(さんげんぱい)
白・發・中をまとめてこう呼ぶ。

3欠け(さんかけ、スリーかけ
雀荘用語。それまで卓に入っていた4人のうち3人がやめてしまうこと。

下ヅモ(したづも)
山の下段の牌をツモる事。

仕掛け、仕掛ける
狭義にはチーまたはポンをすること。広義にはリーチなどなんらかのアクションをすること。

字牌(じはい)
東・南・西・北・白・發・中をまとめてこう呼ぶ

下家(しもちゃ)
右側の席の人。

絞る(しぼる)
おもに下家に対し、下家が鳴くであろう牌・鳴くかもしれない牌を切らないこと。
鳴かせないように打つこと。
また、(下家だけでなく対面や上家に対しても)役牌やドラを切らないこと。

縛り
縛りとは、ある条件を満たさない限り和了できないとするルールである。
条件が満たされていない状態で和了宣言してしまうとチョンボとなる。

西家(しゃあちゃ)
東家(とんちゃ)の対面(といめん)の事。

雀頭(じゃんとう)
アガリの1組必要な2枚の同じ牌。アタマともいう。

三味線
この場合の意味は「紛らわしいこと」。特に自分の手牌の内容について、会話や独り言で他家に聞こえるようにしゃべり、他家の判断に影響を及ぼそうとする行為が大半を占める。これを口三味線を弾くと言う。欺瞞的発言など、その程度によっては重大なマナー違反と見なされる。口三味線以外にも、特にリーチ後などに全く関係ない牌で迷ったふりをする手三味線がある。

順子(しゅんつ)
同じ種類の数牌(すうぱい)が3連続している事。例)「3万・4万・5万」、「7筒・8筒・9筒」。

少牌(しょうはい)
手牌が13枚以下の状態。アガリ放棄になります。

生牌(しょんぱい)
場に1枚も出ていない牌の事。

雀豪(じゃんごう)
麻雀が強いことで有名な人のこと。
全自動卓の商品名。

順位戦(じゅんいせん)
一般的にオーラス終了時の持ち点を元に精算額が決まるが、順位戦の場合は持ち点にかかわらず、
オーラス終了時の着順だけで精算額が決まるシステムである。
そのため、25000点持ちスタートの場合、24900点のラスでも、トビのラスでも同じである。
精算が持ち点に関係しないため、オーラスの点棒のやり取りは省略されることが多い。
また、チップがある場合を除いて着順の変わらないオーラスのあがりは無意味である。

スカート
正しい場所ではない場所から牌をツモってきてしまうこと。
スカートがあった場合、牌山の端の上ヅモが1枚欠けた状態になる。
誰ひとり気付かないこともままあり、気付いたとしてもいつ誰が間違ってツモったのか分からず、
そのまま続行するしかない場合も多い。なおその場合は、スカートされた箇所までツモ筋が1つずれた状態になる。
俗語なので語源の詳細は定かではないが、牌をツモる事を「牌をめくる」と言うことがあり
(リーチ合戦のことを「めくりあい」と言うなど)、
「めくる」→「めくってはいけない場所をめくる」→「スカートをめくる」への連想から、
この状態を「スカート」「スカートめくり」と呼ぶようになったものと考えられる。

数牌(すうぱい)
万子・筒子・索子それぞれの1~9の牌をまとめてこう呼ぶ。

筋(すじ)
数牌(すうぱい)の1・4・7、2・5・8、3・6・9の事。

捨て牌(すてはい)
手牌から1枚場に出した牌の事。場に捨てられた全ての牌の事。

スッタン
四暗刻単騎の略。

洗牌(せんぱい、シーパイ)
前の局の終了後、次の局の開始前に、全ての牌をジャラジャラとかき混ぜること。
洗牌してから牌山が積まれる。この意味の時は読みは「せんぱい」とも「シーパイ」とも読む。
雀荘用語で、牌の汚れを洗い落とすこと。多く場合、すべての牌を並べ、濡れたおしぼりや薬剤
(雀牌用の洗剤)を塗布したおしぼりで1面1面拭いてきれいにする。
まれに自動の洗牌機を備品として設置している店舗もある。なお、この意味の時は「せんぱい」と読み、
「シーパイ」とは読まない。

外筋(そとスジ)
牌山を17幢で積んだ場合、端から奇数番目のツモ筋が外スジである。対義語は「内スジ」。

ソバ聴(そばテン)
最後に捨てた手出し牌の近辺が待ちになっているテンパイのこと。
また、リーチ宣言牌の近辺が待ちになっているリーチを「ソバ聴リーチ」と言う。

即ヅモ(そくづも)
一発ツモの事。一発役は即ともいいます。

即リー(そくりー)
聴牌した時点でリーチする事。

麻雀用語 ルール か行

返り東(かえりトン)
一荘戦において、北4局が終了しても決着がつかず、場を東場に戻すこと。 (さらに…)

麻雀用語 ルールあ行

あ行

アウト
雀荘用語。フリー雀荘において、店が客に対して少額の現金を貸し出すことです。
あるいは、客が店から少額の現金を借りることです。

アウトオーバー
雀荘用語。麻雀店勤務のメンバーが、発生している給料以上に麻雀で負けてしまうことです。

赤ドラ
図柄の彫り込み部分全体を赤く着色した牌を常時ドラとして扱うことです。
一般的には、赤牌として五萬・五筒・五索を各1枚ずつ、通常の牌と入れ換えて使う。

アリアリ
後付け、喰いタンともに認めるルール。関東で一般的。
各局面におけるプレイヤーの裁量の余地が大きい。

アガリ放棄
鳴き(チー・ポン・カン)が出来ず、ツモして捨てるを繰り返す事。違反した時の罰の一つです。
リーチしていない場合、ツモ切りでなく、手牌から切ってもよい。

アガリ
14枚目の牌で役を完成させる事です。
ホーラともいう。
例えば二人アガリの場合、二家和(にちゃほー)という。

あがり止め
オーラスの親に限って、あがったらゲーム終了することを選択できるルール。
親が何着であっても終了してよい場合と、2着等の店が規定する順位にならないと
選択できない場合がある。
ハウスルールであるため店舗により詳細は異なる。

アガリ連荘、アガ連
親があがった場合のみ連荘とするルール。
アガ連のルールでは、親がテンパイしていても親流れとなる。
対義語は「テンパイ連荘」。

アタリ牌
他家(たちゃ)(他のプレイヤーのこと)が捨てたアガリ牌。

アタマ
雀頭(じゃんとう)ともいう。
アガリ形に1組必要な2枚の同じ牌の事です。

荒らす、場を荒らす
副露を多用してツモの流れや他家の心理をかき乱すこと。
また、高い手が見えている相手に対し無防備に牌を切り、場の点棒状況を大きく偏らせること。

安全牌(あんぜんぱい)
(あんぱい)ともいう。
他家(たちゃ)にロンされない牌。

暗刻(あんこ)
手牌に同じ牌が3枚ある組み合わせの事。
同じ牌がただ三枚ある場合は刻子(こーつ)という。

一本場(いっぽんば)
親が一回連荘(れんちゃん)したこと。連荘したら、積み棒(百点棒)を一本置き、皆に分かるようにする。

一向聴(いーしゃんてん)
あと1枚で聴牌(てんぱい)になる状態の事。

一飜(いーはん)
役が一つのこと。点数で言えば1000点。二つの場合はリャンハンという。

一荘戦
東場・南場に続けて、西場・北場まで行うルール。
日本国内ではほとんど使用されないが、中国麻雀・台湾麻雀など国際的には標準的なルールである。
なお「半荘」はもともと「一荘の半分」という意味である。
半荘戦には、一般の半荘戦(東南戦)のほか次のルールも存在する。

上ヅモ(うわづも)
山の上段の牌をツモる事。⇔下ヅモ

ウマ
終了時に順位に応じ点をやり取りする。4位の者が1位に、3位のものが2位に支払うなど。

浮く
持ち点が3万点以上ある時に「浮いてる」という。
点棒を一番多く持っている人を「一人浮き」という。

裏ドラ
ドラ表示牌の下の牌。リーチをかけてアガると裏ドラ表示牌になる。

エレベーター
イカサマの一種。数枚の牌を握り込み、適宜状況に応じて手牌と入れ替える。
握り込んだ牌が卓の上に行ったり卓の下に行ったりすることからこの名がある。


オーラス
半荘戦の南場四局の事。

オカ
終了時に最も得点の多かったプレイヤーに加算されるボーナス点である。
配給原点と原点の差がこれに充てられる。

送り込み(おくりこみ)
イカサマ技の一種。吊り技の一種で、相手のツモ筋に自分もしくは仲間の当たり牌を置き、
相手に当たり牌を掴ませること。
また、仲間のツモ筋に有効牌を置き、仲間を和了らせること。

追っかけ立直(おっかけりーち)
他家(たちゃ)が立直した後に立直する事。

オタ風(おたかぜ)
場でも自分の風でもない風牌(ふうぱい)の事。⇔自風

親っ跳(おやっぱね
親の跳満(18000点)の事。「いんぱち」ともいう。

親倍(おやばい)
親の倍満(24000点)の事。

親満(おやまん)
親の満貫(12000点)の事。

おりる
自分のアガリを捨てて、安全牌(あんぜんぱい)とかロンされなさそうな牌を切る事。

ちなみに麻雀用語から派生した言葉です。

安全牌
河に捨ててもロンあがりされる可能性がない牌のこと。アンパイとも言う。
転じてスポーツなどで確実に勝ちを計算できる相手、あるいはいつでも自分の恋人や結婚相手になってくれる人を指す。
「安全策」を言い換えて「アンパイ」と使うこともある。

アリアリ
後付け有り・食い断有りの各ルールを略した総称で、関東地方では通例的にアリアリと呼称する事が多い。
またコーヒーの砂糖・ミルク入りを指す。

一気通貫
役の一つ。同種の数牌を123・456・789と1から9まで全て揃えると成立する。
転じて、「最初から最後まで」という意味で使用される。

オーラス
「オールラスト」(和製英語)の略語で、最後の一局(南4局)をいう(英語では just the last)。
転じて、物事の最後の意。TV番組『なるほど!ザ・ワールド』で司会の愛川欽也が
「オーラスです、恋人選び」というフレーズからも一般化した。