麻雀用語 ルール ま行

前出し(まえだし)
雀荘用語。開局前に4人が一定額の現金を供託し、それをトップ者が総取りする。オカ・ウマとは別だが、実質的にはオカの額を増やすことに等しい。

満貫(まんがん)
4飜40符以上5飜以下のアガリ点の呼び方。子・8000点、親・12000点。

待ち頃(まちごろ)
山に眠っていそうな牌、あるいは他家からこぼれてきそうな牌のこと。

丸取り(まるどり)
三人麻雀における得点計算の方式のひとつ。四人打ちでの点数計算をベースに、ロン和了とツモ和了の得点をできるだけ近似させる方式。具体的には、子のツモ和了の時に親の払いと子の払いを2:1になるように調整する。

回り親(まわりおや)
雀荘用語。各半荘の親決めを行わず、前回の半荘で出親だった者の下家を次の半荘の出親とする取り決め。

見送る
他家の捨てたアガリ牌をアガらず見送る事。1枚目の牌をチー・ポン・カンせず見送る事。用例(役牌を1鳴きせず見送り、2鳴きする。)

見せ牌
手牌の端を引っかけて倒すなどして見えてしまった牌、見せてしまった牌のこと。また、山をこぼして表向きにしてしまった牌のこと。見せ牌をしてしまった場合、その牌では出あがりできないというペナルティが課されることがある。

明刻(みんこー)
鳴いて(ポン)して同じ牌が3枚になる組み合わせの事。

見逃し
あがり牌が出ているにもかかわらずロンしないこと。

無駄ヅモ
有効牌ではないツモのこと。

無理鳴き
無理な形から副露すること。あるいは、無理な形で副露すること。

無理ポン
無理な状態からポンすること。無茶ポン。

門前派(メンゼンは)
メンゼンでの和了を重視する打ち手のこと。

門前(めんぜん)
鳴いていない状態の事。用例(面前志向、面前派、面前ツモ)

迷彩(めいさい)
待ちを分かりにくくするため、あるいは少しでも出和了しやすくするために、意識して河に工夫をすること。捨牌迷彩。河作り。
もちろんツモ牌や展開によっては有利な河が自然にできあがることもある。そのような場合は自然迷彩という。

メンバー
雀荘の従業員のこと。

もちもち
2人が同じ牌を2枚ずつ持っていてお互いに、アガれない・鳴けない状態の事。役牌に2枚づつの時によく使われる。

摸牌(もうパイ)
盲牌のこと。ただし、盲牌の意味で摸牌と表記することはまれ。
摸打におけるツモのこと。また、ツモ牌そのもののこと。

元ドラ(もとドラ)
槓ドラがめくれている時の、もともとの表ドラのこと。

モロ乗り(もろのり)
裏ドラや槓ドラが暗刻や槓子に乗ること。

麻雀用語から派生した言葉

面子(メンツ)
和了に必要な牌の組み合わせ。また、麻雀を行うのに必要なメンバー。
転じて、ある集まりの参加者をもいう。

何段以上から、フリーなどでもメンバーやほかの客と対等に渡り合えるレベルがあると言えますか?

オンライン麻雀天鳳について質問です。
何段以上から、フリーなどでもメンバーやほかの客と対等に渡り合えるレベルがあると言えますか?
だいたいでいいので教えてください。
(さらに…)

麻雀用語 ルール は行

入り目(はいりめ、いりめ)
テンパイした時に引いた牌もしくはその牌のスジのこと。

配牌(はいぱい)
局の開始時、山から取る牌の事。

飜(はん)
倍にするという意味で、アガリ役の単位の事。

半莊(はんちゃん)
東場(とんば)を四局、南場(なんば)四局をする事。麻雀1ゲームの単位。
半荘
麻雀は、通常半荘(ハンチャン)を単位として競技される。半荘は大きく前半と後半に区分され前半を東場(トンバ)、後半を南場(ナンバ)という。東場・南場はそれぞれ4つの局からなる。東1局から開始され、東4局が終了した後は南入といって南1局に入り南4局の終了をもって1試合とする。簡単に例えるなら、麻雀は1試合8ラウンドで争われるということになる。ただし連荘(詳細は後述)が生じた場合は局が追加されるため、必ずしも8局(ラウンド)で終わるとは限らない。またプレイヤーの誰かの持ち点がマイナスとなった時にはトビないしハコテンとして半荘が終了するルールもあり、1局で半荘が終わることもありうる。

爆弾、爆弾積み
積込み技の一種。イカサマ。

箱(ハコ割れ、ハコテン、ドボン、トビ、ぶっとび)

ハジキ(弾き)
イカサマの一種。他家の聴牌時に自分の捨てようとしている牌がその他家の当たり牌と読んだ場合、河に六枚切りに捨ててある一段目の6枚目もしくはその近くの牌を弾いてその牌を捨てたかのようにして見せるイカサマ。なお、その6枚目もしくはその近くの牌が安全牌でなければならない。


平場(ひらば)
積み棒のない局の事。

引きヅモ
ツモ和了の際、ツモってきた牌を卓の淵にくっつけること。くっつけること自体が引きヅモに当たり、その際の強弱は問わない。

ヒラ・ヒラ打ち
おもにフィクションなどで、何らかのイカサマ技を習得している打ち手が)イカサマを使わないで打つこと。

符(ふ)
和りの点数計算の基礎単位の事。点数計算を覚えるときに必要となる。

風牌(ふうぱい)
東・南・西・北をまとめてこう呼ぶ。

深い、山に深い
ツモ山の後半から終盤のこと。あるいは現時点から見て時間的に遠いツモ山の場所のこと。

副露(ふーろ)
他家の捨て牌をチー・ポン・カンする事。鳴く、食うともいう。

伏せ牌(ふせはい)
手牌を伏せること。また、手牌を伏せた状態で打つこと。オンライン麻雀では観戦者に対して手牌を伏せること。

振り込む
af自分の捨てた牌を他家にロンアガリされる事。放銃(ほうじゅう)ともいう。
振聴(ふりてん)とは

アガリとなる待ち牌のいずれかを自分で捨てている状態での聴牌(てんぱい)。

ぶつ(打つ)
麻雀をすること。やや古風な言い回し。

北家(ぺーちゃ)
東家(とんちゃ)の上家(かみちゃ)の事。

ヘタ殺し(へたごろし)
素人や初心者にはめっぽう強いこと。

ベタ師(べたし)
エレベーターを使うイカサマ師のこと。

辺張(ぺんちゃん)
「1・2」、「8・9」で3や7を待つ形の事。

ベタ積み(べたづみ)
積み込み技の一種。自分のツモ筋があるほうの列(東家/西家なら上山、南家/北家なら下山)に好牌を積み、もう一方の列にはクズ牌を積む積み込み方のこと。

放銃(ほうじゅう)
自分の捨てた牌を他家にロンアガリされる事。振り込むともいう。

本場(ほんば)
親が連荘(れんちゃん)した場合と、誰もあがらずに局が進むんだ場合のこと。1 、2、3、4…本場という。例:連続で三回親があがった場合、次の局は3本場である。皆に分かるように百点棒を一本置くことがある。

本走(ほんそう)
雀荘用語。メンバーが卓に入って(自腹で)打つこと。対義語は「代走」(だいそう)。

暴牌(ぼうはい)
明らかな危険牌を切ること。あるいはその牌のこと。

麻雀用語から派生した言葉

白板(パイパン)
三元牌の1つ。通称白(「ハク」または「しろ」)。

字も絵も一切彫られていない真っ白の状態であることから女性の無毛症、または女性の陰毛を剃り落とした状態を指す。

麻雀用語 ルール な行

流れ(ながれ)
流局する事。

鳴く(なく)
他家の捨て牌をチー・ポン・カンする事。副露(ふーろ)、食うともいう。鳴き詳細

鳴き麻雀
副露を多用する打ち方のこと。

ナシアリ
後付け、喰いタンのどちらか一方のみを認めるルール。また、雀荘用語でコーヒーや紅茶に砂糖またはミルクのどちらかを入れること。前後者共にどちらが「アリ」でどちらが「ナシ」かは意見の分かれるところである。

ナシナシ
後付け、喰いタンともに認めないルール。なお、後付けの制限を役牌に限定するルールもある(この場合、役牌以外の役は後付けしても構わない。役牌の後付けのみを禁止する場合は「完全先付け」とは呼ばない)。
麻雀の解説書や劇画等は関東のルールを基本として書かれることが多いため、近年では関西でもアリアリが普及している。

南家(なんちゃ)
東家(とんちゃ)の下家(しもちゃ)の事。

二の二の天和(にのにのてんほう)
積み込み技のひとつ。つまりイカサマ。コンビ打ちの東家と南家が協力して天和を作る。親がサイコロで2の目(ピンゾロ)を出し、2度振りの南家も2の目を出さなければいけないことからこの名がある。

抜き技(ぬきわざ)
イカサマの一種。山から不正に牌をもってくること。

抜く
抜き技を使うこと

ネット麻雀
インターネット上で対局を行う麻雀のこと。オンライン麻雀に同じ。対義語は「リアル麻雀」「リアルの麻雀」

ネット雀士
ネット麻雀をする人のこと。また、ネット麻雀しかしない人のこと。

ノーテン
聴牌(てんぱい)していない事。

ノーテン罰符(のーてんばっぷ)
流局時、ノーテンの人が聴牌(てんぱい)してる人に払う罰金の事。

ミ手(のみて)
一役しかついていない安い手のこと。

ノンラス打法
ラスを引かないようにする打ち方のこと。ノンラス打法を実践してできるかぎり4着にならないように打つと、平均順位や収支がある程度向上する。

麻雀用語 ルール た行

塔子(たーつ)
両面・かん張・辺張待ちの形となる2枚の牌の事。例)「2万・3万」、「4筒・6筒」、「8索・9索」

ダブ東(だぶとん)
東場の東家が「東」牌を3枚以上持ってアガると2役つく事。

ダブ南(だぶなん)
南場の南家が「南」牌を3枚以上持ってアガると2役つく事。

黙聴(だまてん)
リーチをせず(他家に聴牌を知らせず)、聴牌してアガれる状態の事。

多牌(たーはい
手牌が14枚以上の状態。チョンボになります。

打牌(だはい)
牌を捨てる事。

ダブロン
一人が捨てた牌を二人がロンアガリする事。 二家和(にちゃほう)ともいう。

チョンボ
ある決まりを守らなかった時に受ける罰の事。

起家(ちーちゃ)
一番最初の親の事。出親ともいう。

中張牌(ちゅうちゃんぱい)
数牌(すうぱい)の2~8の事。

積み棒(つみぼう)
連荘(れんちゃん)・流局(りゅうきょく)時に親が出す百点棒の事。

ツモる
山から牌を引いてくる事

ツモ切り(つもぎり)
引いてきた牌をそのまま捨てる事。


聴牌(てんぱい)
あと1枚くればあがりとなる状態。

対面(といめん)
正面の席の人。

ドラ
アガったときに1ハンプラスする。ボーナスのようなもの。ルール上、ゲーム開始にドラを決める。

東家(とんちゃ)
親の事。

東風戦(トンぷうせん)
東場のみを1ゲームとするプレイ方式。

東東戦(トントンせん)
半荘を1ゲームとするが、東場を2回繰り返すプレイ方式。

東西戦(トンシャーせん)
半荘を1ゲームとするが、東場の次は南場ではなく西場に入るプレイ方式。

東南戦(トンナンせん)
半荘を1ゲームとする一般的なプレイ方式。

東北戦(トンペーせん)
半荘を1ゲームとするが、東場の次は南場ではなく北場に入るプレイ方式。

麻雀用語から派生した言葉

テンパる
聴牌(てんぱい)するの意。危険牌を捨てるか聴牌を崩すかの選択を迫られる事が多く、
転じて手詰まりの状態、物事を抱え過ぎた状態などからパニックに陥ることを指す。
また和了に向けて緊張する様子から、同様の心理状態をも指す。英語の temper 由来の説もある。

対面(トイメン)
マージャン卓を隔てた向かい側の席。また、その席の人。
転じて、真向かいの位置。また、その位置の人。

錯和(チョンボ)
冲和とも書く。和了が成立していないのに和了を宣言すること。転じて大失敗や大失態、反則の意。

自摸(ツモ)
自力で和了り牌を引いてくること。門前で向聴数がスムーズに進んだり、
自分の欲しい牌が良く来る流れを「ツモが良い」と言う。
ローグライクゲームなどランダム性の強いゲームで、序盤で強力な装備やアイテムを手に入れたときに使うこともある。

麻雀FLASH評判

手軽に遊べるFLASHゲームの「麻雀FLASH」
初心者の練習用や、まだ人と対戦するのは嫌な人、とりあえず点数計算のゆっくりしたいなど、
麻雀の基礎を勉強するには丁度良いコンピュータ対戦型のゲームです。

グラフィックは凄く綺麗で、楽しく麻雀に慣れられると思います。

対CPUで、自分のペースで麻雀が打てる
初心者向け
リアルなグラフィック
ランキングも搭載
メールアドレスの登録など不要!すぐプレイが可能です。

無料で遊べる一人プレイの麻雀ゲーム。
東南戦。アリアリルール。
食いタン、後付けアリ。平和ツモは20符2翻。

初心者は、まずここからプレイして上を目指すといいと思います。

無料麻雀ゲームは、他にもたくさん有りますが、正直無料で
あまりリスクのないゲームの場合人はそれほどアツくなりません。

リスクがあるからこそ本当に面白い麻雀が打てると思います。

上級者の人は、すぐに飽きてしまう事もあるかもしれません。

その場合は、真・雀龍門やMaru-Janや天鳳そしてDORA麻雀を
おすすめします。

真・雀龍門評判

雀龍門が真・雀龍門

雀龍門(ジャンリュウモン)という無料オンライン麻雀は非常に人気もあり、利用者が多いオンライン麻雀ゲームでした。

この雀龍門は、天鳳と2トップとも言える、無料オンライン麻雀なので、皆さんどちらかのゲームで遊んだことはあるかと思います。

しかし、アップデートにより真・雀龍門となり有料オンライン麻雀になってしまいました。

すべての対人モードは、ゲームマネー「場代」が必要となり、リアルな雀荘さながらの緊張を感じる事ができます。

麻雀自体が合わせ持つ奥深いゲーム性と運、状況に応じた戦略性と緊張感とともに感じることができます。

また、対局毎に様々なルールが交代で提供される「特荘戦」、知り合い同士でルールを設定し気軽に対局できる「友人戦」など、 様々なモードを用意しています。

グラフィックの綺麗さはピカイチですね。

実際に手が見えるようになっていて、牌を引く、捨てる、リーチするなど、
麻雀の基本的な動きを演出しています。

雀龍門の特徴は、このカスタマイズ機能やユーザービリティという部分だと思います。

称号というか、段位というのが設けてあり、それを上げることに熱中していた方も多いかと思います。

最近は雀荘の数もめっきり減ったように思います。

昔はどこにでもあったイメージですが、いろいろな規制が入ったこともあって、雀荘に行って麻雀を打つ。

ということは近年は主流ではなくなったのかと思います。

数カ月前も京都の方で大規模に雀荘摘発されたみたいです。

今はネットで麻雀を打つ。

特に大学生の無料オンライン麻雀の利用者は非常に多いそうです。

会社が終わって自宅で雀龍門。
そんな社会人の方もいらっしゃるのでしょう。

ところで、エヌシージャパンは、Windows用オンライン麻雀ゲーム「真・雀龍門」において、
ポータルサイト「NCSOFT」ショップにて、「真雀龍門雑貨店」を2月5日よりオープンしました。

「真雀龍門雑貨店」では、「雀龍門」シリーズのキャラクターである3姉妹、メイリン、
メイファン、メイシンをはじめとしたグッズが購入できる。

イラストはイラストレーターのぎん太氏が描き下ろしており、3姉妹がよりかわいく、セクシーに表現されている。

最初に用意されたラインナップは、メイリンの抱き枕カバー、メイファ胸型立体マウスパッド、
iPhone 5ケース、タペストリーの4種類。今後もラインナップは追加されていく予定。

正直雀龍門のこの商売丸出しの転換にがっかりです。

確かに無料オンライン麻雀では利益はあまりでないと思いますが、
本当に残念です。

本当の雀士はここですね。

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

Maru-Jan評判

『Maru-Jan』(マルジャン)は、シグナルトークによって制作されたオンライン麻雀ゲームです。

プロジェクト・ファイナンスによる資金調達で話題を集め、「究極のオンライン麻雀ゲーム」を目指して開発されました。

徹底したリアル志向を最大の売りとしている。

グラフィック・サウンド・プログラム全てが実在の全自動麻雀卓を
参考に制作されており、実際に麻雀卓を使用して麻雀に興じているような感覚を楽しめる。

特に雑誌や情報サイト等の紹介で取り上げられることが多いのは、「洗牌時の牌の偏り」である。

全自動麻雀卓による洗牌は一見すると均等に牌が分散されている様に見えるが、
実際には牌の並びにある程度の偏りが生まれることになる。

例えば、牌を落とすときに、先に落とされた牌が下山に積まれやすいと言われるのも、
全自動麻雀卓の山を積むメカニズムが関係している。

本作ではそうした牌の偏りをプログラムで再現することを目指している。

東風戦1ゲーム80ポイント(80円相当)、東南戦1ゲーム150ポイント(150円相当)、三麻1ゲーム100ポイント(100円相当)。
丸雀プロリーグでは200ポイント(200円相当)となるが、
2位でも100ポイント返還されるなど、より着順争いが厳しくなる。
ポイントは通常、以下の単位で購入できる。
1000 ポイント 1000円(税込)
2100 ポイント 2000円(税込)
5800 ポイント 5000円(税込)
12000 ポイント 10000円(税込)
なお、一位になると無料でゲームを続行できる。(続行しない場合はゲーム代が返還される。)
ポイントは、一位になること以外でもイベントに参加して良い成績を残すことでも受け取れる。

Maru-Janは、確かにグラフィックの綺麗さなどを求めると素晴らしとおもいます。

ただ、料金的にどうでしょうか?

確かに1位になった時に無料になるのはありがたいのですが、所詮ゲームです。

お金が増える事はありません。

その点DORA麻雀は、リアルマネーを賭けてプレイできます。

レートも幅広くあり$0.50/$1/$2/$4/$8/$16/$32/$64です。

一番低いレートでプレイした場合$0.50で日本円で約45円です。

しかも勝って1位になった場合の賞金は、場代などをひかない額で$2です。

なので、約$1ちょっとの利益になりますので、それでプレイできます。

オンライン麻雀ゲームを楽しみたい場合に貴方が何を求めるかによって
おすすめするオンライン麻雀も変わりますが、DORA麻雀は、料金的にも
優れていると思います。

ただ、Maru-Janほどグラフィックは綺麗ではないので、そこを求める人は、
Maru-Janや真雀龍門がおすすめですね。

天鳳(テンホウ)評判

ネットでの麻雀と言えば天鳳(テンホウ)。

そう言っても過言ではないほどの人気と利用者の数を誇っている無料オンライン麻雀です。

無料で、オンラインで、麻雀ができる。それがオンライン麻雀であり、天鳳。

天鳳が人気の理由としては、利用者が多く、待ち時間はほぼなく、段位が上がることや、プレイ履歴(将棋の棋譜のようなもの)、

様々な面で抜き出ているオンライン麻雀です。

日々のプレイ人数(アクティブな利用者数)が見れるのですが、ほぼ毎日1万人以上の利用者がいます。

天鳳が人気な理由はいくつかあると思いますが、ユーザビリティに優れている点は大きいと思います。

ブラウザで遊ぶことが出来るというのも1つポイントでしょう。

天鳳では四人打ち麻雀とサンマ(三人麻雀)があり、それぞれに東風戦・東南戦が用意されている。

四人打ち麻雀については、さらに4つのルールから選択可能である。

4つとは、喰いタンの有無、喰いタンありについては赤の有無、赤ありについては
持ち時間の短いものと通常のものが、選択できる。

なお、全てのフリー対戦卓で、ゲームの対戦相手は予約者から自動でマッチングが行われる。

天鳳における評価は、レーティング制と並行して段級位制を採用している。

レーティングとともに、ID登録者のみが利用することができる。

登録時には「新人」から始まり、ゲームの成績に応じて増減するポイントで昇級・昇段(・降級・降段)が決まる。

段位にしたがって、打つことのできる卓が変わる。

新人と級位者は一般卓しか利用できないが、1級以上もしくは有料会員で上級卓を、
四段以上(かつR1800以上)で特上卓を、七段以上(かつR2000以上)で鳳凰卓を利用できる。

ただし、鳳凰卓はエコノミー版では条件に満たしていても利用できない。

上位の卓においては1位・2位のポイント増加分が大きい一方、上位の段級位のプレイヤーは4位のポイント減少分が大きくなっている。したがってプレイヤーの実力が一定ならば、段位が上がり続けたり下がり続けたりすることはない。

ですが、段位って上げて何になるんでしょうか。

ですが、正直・・・飽きました。
なんかアツくなれないんですよね。

途中から”段位”を上げることに意味を見いだせなくなりました。

それは、DORA麻雀を知ってしまったからです。

DORA麻雀は、実際にお金を賭けてプレイする事ができます。

その賭けがあるからこそ、アツくなれるし、真剣に麻雀を打っているわけです。

しかしながら日本の法律では日本のオンライン麻雀でお金を賭けて利用することは法律で禁止されています。

これは変えようのない事実です。

しかし、DORA麻雀は、海外の運営でオンラインカジノと同じような扱いになりますので、日本では、違法でも合法でもないのです。

つまり、制限する法が今の所ないのです。

麻雀自体は世界一面白いゲームだと思いますし、飽きないゲームだと思います。

リアルではそうですが、それは牌を実際に触ったり、
点棒を投げてリーチしたりということが出来るからですよね?

あとは、賭けですよね。

それがネットの麻雀で出来るわけですからこんなに面白いモノはありません。

正直DORA麻雀は、天鳳よりグラフィックの綺麗さでは、おとります。

そんなオンライン麻雀ですが、現在とても人気が出てきて、利用者が増えてきているのです。

登録は無料で無料ゲームもあります。

ただ、無料ゲームは対戦ではないのでつまらないかもしれません。

実際に現金を賭けてプレイするアツを知ってしまうと本気で麻雀をするようになりました。

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック

DORA麻雀 評判

当ホームページへご訪問をくださりありがとうございます。

もしかするとDORA麻雀 評判に関係することで調べモノをしていたり情報を探していますか?

当ウェブサイトはDORA麻雀 評判に関係する内容を整理しました。

ありきたりのコンテンツが多いかもしれませんが、なにかひとつだけでもお役に立つことがありましたらと考えています。

DORA麻雀について知っていますか?

オンライン麻雀なんですが、オンライン麻雀なら
天鳳や雀龍門でしょ と言う方も多いと思います。

ただDORA麻雀のすごい所は、リアルマネーで賭け麻雀が出来る

所にあります。

オンライン麻雀は昔からあるけど所詮ゲームに過ぎません。

リアルマネーを賭けて初めて実践さながらの面白さが出てきます。

ゲームの麻雀に飽きた人には、絶対におすすめできますね。

賭け麻雀なんて違法でヤバいじゃないの?

安心して下さい。



DORA麻雀は海外のゲーム会社が提供するソフトウェアを使ってのプレイになり、
アクセス先も海外となります。

海外のゲーム会社のソフトになりますので、どうしてもグラフィックは
他のオンライン麻雀より劣るところもあります。

また、日本人がラスベガスやマカオなどの海外のカジノで遊んでも
何の問題がないように、オンラインカジノなどが何の問題もないように、
DORA麻雀も『海外』になるため違法性はありません。

当然ではありますが、国際ライセンスを取得しての
運営となっているのでご安心ください。

DORA麻雀は、マン島ギャンブル監督委員会
(Isle of Man Gambling Supervision Council )によりライセンスを受けております。

このように非常に厳しい審査を通過したオンライン麻雀になります。

これは、法の抜け穴みたいな形になってしまいますが、今現在日本では、
海外の政府認定のオンラインカジノなどでお金を賭けてプレイしても
罰する法がないようです。

今後どうなるかはわかりませんが今のところはOKです。

DORA麻雀もそれにあたりますので安心してプレイできます。

逆にこれから雀荘の方が危ないかもしれませんね。

確か、京都府警が摘発したマージャン店を巡る賭博事件が
先日ありました。

あと、公平性もマン島ギャンブル監督委員会の監視もあるし
実際DORA麻雀には、ハンド履歴を見れる機能もありますので
公平性は間違いありません。

しかも完全日本語対応で今の所麻雀も日本使用になっています。

面倒な入金もクレジットカードが使える場合もありますので簡単です。
  
一部使えないカードもありますのでご了承下さい。

いまなら登録無料で無料モードで麻雀ゲームも体験できますので、ぜひ登録してみて下さい。

麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック