DORA麻雀 i-BANQでの出金方法

DORA麻雀からの出金方法はi-BANQがあれば簡単です。
(さらに…)

DORA麻雀 i-BANQ入金方法

i-BANQからDORA麻雀に入金方法は動画でも紹介していますが、
i-BANQに入金する方法はDORA麻雀のHPでも紹介されています。
(さらに…)

DORA麻雀入金方法クレジットカード

DORA麻雀の入金方法として一番簡単なのが、クレジットカードです。
(さらに…)

DORA麻雀登録ダウンロード方法

DORA麻雀に実際に登録しようと思ったけどよくわからない
方のタメに動画も用意しました。

そちらを見ればわかると思いますが、簡単に説明しますね。

DORA麻雀は、海外の運営になりますので、登録の際は、
ローマ字での記入になります。

もちろん必ず本名で登録してください。

入金の際や出金できなくなりますので注意しましょう。

あと、注意点で住所の入力の際で例えば
渋谷区渋谷1-1-1 101の場合

101 1-1-1shibuya shibuyaku

のように逆になりますので注意して下さい。

あと、ソフトのダウンロードの際にセキュリティソフトを
強力にしているとまれにダウンロード出来ない場合がありますので
その際は、セキュリティソフトを一度止めるがセキュリティソフトを
弱めて下さい。

もちろんダウンロードしても何の問題もないのでご安心して下さい。

海外サーバーなのでセキュリティソフトが反応するようです。

下のリンクから登録できます。

対決するのは世界の雀士。DORA麻雀なら手に汗握る対決が出来る!

天鳳での稼ぎ方

天鳳で稼げるのか?

天鳳は麻雀ゲームなので稼ぐ事は出来ません。

友達同士でも賭ければ違法になりますので、注意してください。

麻雀は、世界一面白いゲームですが、簡単に攻略する方法はありません。

正直あなたの腕次第ですね。

ところで、オンライン麻雀でリアルマネーを賭けてプレイ出来るところをご存知ですか?

しかも、違法にならない方法が有ります。

これだけ聞くとチョー怪しいのですが、日本の法にはふれません。

それが、DORA麻雀です。

なぜ、DORA麻雀だけリアルマネーを賭けても違法にならないかと言うと
海外のサーバーで運営していて、ギャンブル合法の国の認可があるので、
日本の法では、処罰の対象に出来ないのです。

でも、日本の法ってなんかおかしな所がたくさんありますよね。

最近では、雀荘も先日摘発されていたので、何が違法で何が合法なのか
あいまいですよね。

この前は、警察官が交番で賭け麻雀をしていたらしく
警官が捕まっていました。

おかしな話ですよね。

しかし、今の時点では、DORA麻雀は、法にふれませんので安心して
賭け麻雀ができる所です。

たくさんの日本人プレイヤーが毎日熱い戦いをしています。

レートも$1/$1.5/$2/$4/$6/$8/$10/$16/$32/$64/$96/$128/$144/$192/$256と幅広く有ります。

DORA麻雀の場代は、勝った人が賞金の10%から15%支払うシステムです。

負けた人は賭け金のみで場代を払う事はありません。

また、後からお金を請求される事も一切ないので、入金したら
その分だけでゲームを楽しめます。

正直、ゲームのグラフィックの完成度は、天鳳におとりますし
もちろん段位などもありませんが、賭けてプレイ出来る熱さは、
他のオンライン麻雀にないものだと思います。

詳しくは、このサイトでも紹介していますし、DORA麻雀のHPでも確認できます。

リンクしますので確認してみてください。

まるでマンガのような世界!リアルマネー麻雀をやるなら『DORA麻雀』へ!

真 雀龍門の稼ぎ方

真 雀龍門になって対人プレイはすべて有料になってしまいました。

真 雀龍門で稼げるのか?

真 雀龍門は麻雀ゲームなので稼ぐ事は出来ません。

友達同士でも賭ければ違法になりますので、注意してください。

ただ、1位の人だけ場代が免除されます。

じゃ場代の稼ぎ方はないのでしょうか?

麻雀は、世界一面白いゲームですが、簡単に攻略する方法はありません。

正直あなたの腕次第ですね。

場代の料金ですが、東風80  半荘150  三麻半荘100 です。

これが高いか安いかは、貴方次第ですが、オンライン麻雀でリアルマネーを
賭けてプレイ出来るところをご存知ですか?

しかも、違法にならない方法が有ります。

これだけ聞くとチョー怪しいのですが、日本の法にはふれません。

それが、DORA麻雀です。

なぜ、DORA麻雀だけリアルマネーを賭けても違法にならないかと言うと
海外のサーバーで運営していて、ギャンブル合法の国の認可があるので、
日本の法では、処罰の対象に出来ないのです。

でも、日本の法ってなんかおかしな所がたくさんありますよね。

最近では、雀荘も先日摘発されていたので、何が違法で何が合法なのか
あいまいですよね。

この前は、警察官が交番で賭け麻雀をしていたらしいし

しかし、今の時点では、DORA麻雀は、法にふれませんので安心して
賭け麻雀ができる所です。

たくさんの日本人プレイヤーが毎日熱い戦いをしています。

レートも$1/$1.5/$2/$4/$6/$8/$10/$16/$32/$64/$96/$128/$144/$192/$256と
幅広く有りますので、$1なら約100円としても真 雀龍門のゲーム代とさほど
変わりません。

DORA麻雀の場合は、勝てばお金が増えますので、真 雀龍門よりも
たくさんプレイ出来る可能性があります。

DORA麻雀の場代は、勝った人が賞金の10%から15%支払うシステムです。

負けた人は賭け金のみで場代を払う事はありません。

また、後からお金を請求される事も一切ないので、入金したら
その分だけでゲームを楽しめます。

正直、ゲームのグラフィックの完成度は、真 雀龍門におとりますが、
賭けてプレイ出来る熱さは、他のオンライン麻雀にないものだと思います。

詳しくは、このサイトでも紹介していますし、DORA麻雀のHPでも
確認できます。

リンクしますので確認してみてください。

まるでマンガのような世界!リアルマネー麻雀をやるなら『DORA麻雀』へ!

オンラインで麻雀をやるならどこがいいですか?

オンラインで麻雀をやるならどこがいいですか?
(さらに…)

麻雀用語 ルールわ行

渡り、渡りを打つ、渡り打ち
狭義には、テンパイを維持しながらより優秀な待ち・より優秀な手役に移行すること。
広義には、シャンテン数を維持しつつ、より優秀な状態に移行すること。あるいは移行の可能性を残しつつ打つこと。

王牌取り切り
おもに三人麻雀で、王牌を残さずドラ表示牌の隣までツモるルール。取り切り。王牌取り切りの場合、海底牌は通常ルールにおける槓ウラ表示牌になる。

王牌(わんぱい)
流局時、最後に必ず残る14枚の牌の事。山(やま)いうことが多い。

ワン欠け(ワンかけ)
面子が1人たりないこと。あるいはそれまで卓に入っていた1人が席を立って、1人たりなくなること。

ワンチャンス
3枚カベのカベ下のこと。比較的安全だが、相手が4枚目を持っている場合は当たり牌になるし、シャンポン待ちや単騎待ちには通用しない。類語に「ノーチャンス」など。

麻雀用語 ルール ら行

ラス前
オーラスの1局前の事。半チャンならば南場三局の事。

ラス
4着のこと

ラスあがり
最後に和了った者のこと。

ラスイチ 最後の一枚のこと。

ラス落ち(ラスおち)
4着に落ちること。

ラスハンコール
雀荘用語。これで最後の半荘にしますという申告。客が店に対して申告する。フリー雀荘では客にラスハンコールをお願いしている場合がある。「ラスハンコールをお願いします」などと張り紙してある店では、ラスハンコールなしでいきなり卓を抜ける行為は歓迎されない。


リーチ棒
リーチをする時に出す千点棒の事。リーボウということが多い。

立直麻雀(リーチマージャン)
立直という役が登場した時代に、それまでのルールと区別して立直ありのルールを立直麻雀と呼んだ。現在一般的な麻雀のこと。

両嵌両面(りゃんかんりゃんめん)
両嵌と両面が複合している未完成メンツのこと。245667のような形。うっかり2を切り出してしまいがちだが、3を引くと裏目。両面両嵌とも。

両天秤(りょうてんびん)
一向聴以前の状態で、2つの役のどちらかを狙うこと。特に同時には成立しない2つの役のどちらかを狙うこと。

理牌(りーぱい)
配牌(はいぱい)を見やすく整理する事。

流局(りゅうきょく)
誰もアガれず局が終わる事。


連荘(れんちゃん)
親が続く事。親がアガリ、続けて同じ人が親のまま次の局に進むこと。そういうルールである。オーラスの親はアガリヤメすることができるルールが一般的である。

列(レツ)
狭義にはコンビ打ちのコンビのこと。広義には利益(財布)を共にする仲間同士のこと。

連対率(れんたいりつ)
トップもしくは2着をとる確率。

六間積み(ろっけんづみ)
積込み技の一種。イカサマ。

ローズ
通し技の別称。イカサマの一種。

ロン
他家の捨てた牌で和る時に発声する言葉。

麻雀用語から派生した言葉

連荘(レンチャン)
親が和了して再度親を続けること。転じて、同じことが続けて起きること。
パチンコにおいて大当たりが連続する(確率変動)が続くことや、シフト制の勤務形態で
連続して出勤することを指すことが多い。

立直が掛かる(リーチがかかる)
門前で聴牌し、今後一切手を変えない旨を宣言(その代わり、和了したら1翻を得られる)
する際に発声する用語。
転じて、一大事が差し迫っていること。また、パチンコやパチスロで大当たりの一歩手前の状態になること。
リーチ (パチンコ)を参照。その他ボードゲームやビンゴゲームなど、ゲーム一般でもゴール
(上がり)直前の状態を指す言葉として用いられる。リーチ (ゲーム)を参照。

ラス前
上記「オーラス」に関連し、「オールラストの1局前」の略語で最後の1局の1つ前の南3局を指す
(英語では the last but one)。南4局にはゲーム終了に際して様々な縛りがあるため、
縛りのない南3局は大切な局となる。転じて物事の終了前の大切な時期、
または男女の別れや夫婦の離婚の前などのもつれた時期などを指す。

両面(リャンメン)
2つ連続した数牌2牌の組み合わせで、その両側のいずれかの数牌がくれば順子(シュンツ)になる塔子(ターツ)を指す。
アメフトにおいて攻守ともに出場している状態を指す言葉として使われている。

麻雀用語 ルール や行

役満(やくまん)
特別に定められたアガリ役の事。子・32000点、親・48000点。

役無し、役無しの手(やくなし、やくなしのて)
文字通り、聴牌形になっているが、役が無い手。これで和了ればチョンボとなる。

山切り(やまぎり)
開局時、自分の前にある牌山の左右7幢を数ミリ前後にずらすこと。
ブッコ抜きや三牌ツモなどのイカサマ技を警戒しなければならなかった時代の名残り。

焼き鳥
終了時に一度も和了れなかったプレイヤーがペナルティを支払う。

山読み(やまよみ)
おもに自分の手牌や相手の捨て牌相から、山にどんな牌が残っているか読むこと。

有効牌(ゆうこうはい)
広義には待ちや受け入れが広がる牌のこと。
狭義にはシャンテン数が1つ下がる(=テンパイに近くなる)牌のこと。

要牌(ようはい)
必要な牌のこと、あるいは重要な牌のこと。狭義には何らかの手役のために必要な牌のこと。

4確(よんかく)
オーラスで4着確定の和了をすること。4チャ確。ラス確・アガラスに同じ。

ヨンマ
4人で行う(通常の)麻雀。サンマ(三人麻雀)との区別を強調するときに用いる。

4枚使い
手の内に同じ牌が4枚とも集まっている状態。特にその4枚を暗槓せず暗刻や面子・雀頭として使っている状態のこと。