麻雀用語 ルール や行

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 麻雀用語 ルール や行
Share on Facebook
Bookmark this on Digg
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
[`buzzurl` not found]
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

役満(やくまん)
特別に定められたアガリ役の事。子・32000点、親・48000点。

役無し、役無しの手(やくなし、やくなしのて)
文字通り、聴牌形になっているが、役が無い手。これで和了ればチョンボとなる。

山切り(やまぎり)
開局時、自分の前にある牌山の左右7幢を数ミリ前後にずらすこと。
ブッコ抜きや三牌ツモなどのイカサマ技を警戒しなければならなかった時代の名残り。

焼き鳥
終了時に一度も和了れなかったプレイヤーがペナルティを支払う。

山読み(やまよみ)
おもに自分の手牌や相手の捨て牌相から、山にどんな牌が残っているか読むこと。

有効牌(ゆうこうはい)
広義には待ちや受け入れが広がる牌のこと。
狭義にはシャンテン数が1つ下がる(=テンパイに近くなる)牌のこと。

要牌(ようはい)
必要な牌のこと、あるいは重要な牌のこと。狭義には何らかの手役のために必要な牌のこと。

4確(よんかく)
オーラスで4着確定の和了をすること。4チャ確。ラス確・アガラスに同じ。

ヨンマ
4人で行う(通常の)麻雀。サンマ(三人麻雀)との区別を強調するときに用いる。

4枚使い
手の内に同じ牌が4枚とも集まっている状態。特にその4枚を暗槓せず暗刻や面子・雀頭として使っている状態のこと。

コメントを残す