麻雀用語 ルール か行

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 麻雀用語 ルール か行
Share on Facebook
Bookmark this on Digg
Post to Google Buzz
Bookmark this on Google Bookmarks
[`buzzurl` not found]
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

返り東(かえりトン)
一荘戦において、北4局が終了しても決着がつかず、場を東場に戻すこと。
半荘戦において、南4局で決着がつかなかった場合に西入とせず、場を東場に戻すこと。

片アガリ(かたあがり)
多面待ちで、待ちの片方の牌でないと役にならずアガれない事。

かぶる
捨てた牌がもう一度来ること。対子カブリ。
河で面子ができてしまうこと。面子カブリ。
親っかぶりすること。

鴨(カモ)
弱い人のこと。特に弱い人のことを「上鴨」(じょうがも)と言うこともある。
動詞化されて「鴨る」となった時は、そのような人から存分に勝たせてもらうこと。

上家(かみちゃ)
自分からみて、左側の席の人。右側は下家(しもちゃ)、反対側は対面(といめん)

上家どり
放銃したプレイヤーから反時計まわりに数えて最も近い(最もツモ番の早い)プレイヤーだけに和了を認める。
捨てられた牌は1枚しかないため、その牌を取得できるのは(河の上流側にいる)
1人だけであるという考え方に基づく。頭ハネとも呼ばれる。
例えば東家の捨て牌に対して南家と西家がロン宣言した場合、南家のみ和了が認められ西家は認められない。

仮親(かりおや)
席決めはサイコロを2回振ることが一般的で、一回目のサイコロの出目の時に使う。

河(かわ)
山に囲まれている部分の事。捨て牌を並べている所で「場」ともいう。

嵌張(かんちゃん)
「1・3」、「7・9」で2や8を待つ形の事。

槓子(かんつ)
同じ牌が4枚ある組み合わせの事。

ガン牌
牌の背あるいは側面にキズや印がついている牌のこと。また、それを利用したイカサマ技のこと。


危険牌(きけんはい)
他家にロンされそうな牌。⇔アンパイ

ぎる
山や河から不正に牌を持ってくること。イカサマ行為。
カタカナ交じりで「ギる」と表記されるほか、「盗る」と当てて「ぎる」と読ませている例も見られる。


食う
他家の捨て牌をチー・ポン・カンする事。鳴くということが多い。他に副露(ふーろ)ともいう。

喰い替え
例えば123の出来メンツから4を鳴いて1を捨てるという鳴き方を一般に喰い替えというが、
これを認めるかどうかの取り決め。

すべて認めない
喰い替えをいっさい認めないルール。現在のところこれが最も一般的である。

現物のみ認めない
例:123と持っている際に1をチーして1を捨てることは認めないが、4をチーして1を捨てること(筋喰い替え)は認める。

すべて認める
無条件にすべての喰い替えを認める。この場合、123から1をチーして1を捨てることさえ認められるし555を暗刻の状態からポンして1枚余った5を捨てることさえ認められる。競技麻雀の一部、ネット麻雀などで採用されているケースがある。
なお「123と持っている状態で1をチーしたあとその順子とは無関係な牌を捨て、一巡後に1を捨てる」というものや、「123456と持っている状態で7をチーし、1を切って234と567に組み変える」というものは通常喰い変えとしない。

喰い伸ばす(くいのばす)
例えば2456の形から3を嵌張でチーし、そののちに4-7のリャンメンもチーして2面子を完成させること。
すなわち、「1面子+隣接する余剰牌」の形から2回の鳴きで2面子を作ること。

現物(げんぶつ)
聴牌している人が捨てている牌の事。現物を捨ててもロンされない。

元禄(げんろく)元禄積み
積込み技の一種。イカサマ。

刻子(こーつ)
同じ牌が3枚ある組み合わせの事。関連(暗刻あんこ、明刻みんこ)

誤ロン5(ごろん)
ロンではないのに「ロン」と言う事。チョンボになります。

好牌先打(こうはいせんだ)
自分にとって使い勝手の良い牌は相手にとっても使い勝手が良いので、
余剰牌になるであろう牌なら相手の当たり牌になる前にさっさと切ってしまったほうがよい、
という麻雀格言。例えば344の形から4を序盤に切っておけば34の両面になり、
放銃の回避にもなるし、相手の読みを逆手に取ることになり出あがりもしやすい、という考え方。

小手返し(こてがえし)
捨て牌時に、手出しかツモ切りかを他者に知られないために、
ツモ牌を一瞬にして手牌の一部に組み込ませる技術。
また、手持ち無沙汰のとき、手配の端にある牌で行われる。

誤ロン(ごロン)
麻雀の反則行為和了時の間違い

コンビ打ち→ 2人もしくは複数の者が裏で手を組んで打つこと。
イカサマの一種。ただしフィクションやゲームなどでは、コンビ打ちを前提として
ルールや勝利条件が設定されている場合がある。

麻雀用語から派生した言葉

嵌張(カンチャン)
1つ飛びの数牌2牌の組み合わせで、その間の数牌がくれば順子(シュンツ)になる塔子(ターツ)を指す。
野球において打者が打ち上げたフライが野手と野手との間にポトリと落ちるようなヒットの事を
「カンチャンヒット」という場合がある(ポテンヒット・テキサスヒットなどと同じ意味で使用する)。

コメントを残す